読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己アピール病

この方は「やる気を見せるためにはどんどん残業しよう」という結論でモヤモヤが解消したそうだが、読んでるこっちは別のモヤモヤが出てくる。

なぜ新人に自己アピールが必要なのだろうか。就活を終えてすでに社員となったのだから、次は着実に実績を積んでいけばよいだけだ。まあもちろん、新人のうちは給料に見合うだけの仕事はできないだろう。しかしそんなことはまともな会社なら折り込み済みだ。社員が成長していくにつれて教育コストを回収できるように給与体系は設計されているはずだ。

この方は自己アピールが必要だと感じているのだが、その「感じ」はどこから来ているのか。だんだん仕事が慣れてきてミスもするようになった。そこで先輩たちの言動などから過剰に空気を読むようになったのではないか。誰も「新人は残業すべし」という価値観を明示的に提示しているわけではない。

僕がモヤモヤするのは、この過剰に空気を読む行為が企業文化になってはいけないと思うからだ。新人、だけでなく仕事のできないやつが、仕事頑張っていますよアピールで残業する。自主的な残業を強いる。その結果、仕事が非効率になるし、会社の支払うコストも増えるし、仕事のできないやつはますますできなくなる。何も良いことがない。

「結果が出せないならせめて時間だけでもかけるべきである」という考え方は滅びたほうが日本のためだと思う。