読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「やりたいことがないことは、正常だ」

良記事。

「やりたいこと」志向がどういう歴史的経緯で日本に輸入されるようになったのかはよくわからないが、価値ある人生を生きるためにやりたいことを持つべきであるといった圧力には確かにうんざりする。

しかし、われわれはもう昔に戻ることはできない。単純に家業を受け継いで次世代に同じ仕事を残していくといった生き方はできない。血縁の繋がりも希薄だ。いま存在している仕事も数十年後には技術の発達により多くは存在しなくなっている。

だから、「やりたいこと志向」のオルタナティブを提供できるとよいよね、と思う。それはなんだろうか。家族的つながりや共同体の価値が見直されるのだろうかね。