読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「努力」が評価されてしまう日本の労働文化

定時内で一生懸命働いて成果を出すことがきちんと評価される日本社会になってほしいね。

日本の労働文化では、「成果がうまく出ていないときにせめて努力したことだけでも見せれば免責される」という傾向がある。わかりやすいのは「新人なんだからせめて誰よりも早く出社して遅く退社すべき」みたいなのとか。

で、「努力を示す」のが長時間労働なんだよな。努力は目に見えないファクターだけど、それを可視化して定量化できるのが労働時間だっていう理屈。

なぜか努力を示すことが誠意なり忠誠心なりの指標になる。だから変な不等式が成り立つ。

長時間労働して成果を出す」 > 「時間内労働で成果出す」 > 「長時間労働して成果出さない」 > 「時間内労働で成果出さない」

でも会社によってはもっと不健全になっていて、不等式がこう入れ替わっているかもしれない。

長時間労働して成果出さない」 > 「時間内労働で成果出す」

不健全だよね。

成果だけを評価する社会と、成果と努力を評価する社会。前者のほうが厳しそうだけど、後者は能力がなくても努力を示せれば良い評価を得られてしまう。それで沼試合になったのが日本の労働文化だったんだと思う。