読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アダルトチャイルド的な愛情拒絶

コメントがわりに。 あなたは、旦那さんが自分のことを大切に思っているからこそ、「相談なんて申し訳なくてできない、怖い」と思ってらっしゃるのですね。「本当に大切にしてくれてるのがわかる、だから苦しい。私なんてそんな愛情をかけてもらう価値なんて…

自己アピール病

この方は「やる気を見せるためにはどんどん残業しよう」という結論でモヤモヤが解消したそうだが、読んでるこっちは別のモヤモヤが出てくる。 なぜ新人に自己アピールが必要なのだろうか。就活を終えてすでに社員となったのだから、次は着実に実績を積んでい…

「やりたいことがないことは、正常だ」

良記事。 「やりたいこと」志向がどういう歴史的経緯で日本に輸入されるようになったのかはよくわからないが、価値ある人生を生きるためにやりたいことを持つべきであるといった圧力には確かにうんざりする。 しかし、われわれはもう昔に戻ることはできない…

メンヘラと付き合うということ

(以下、メンヘラとはなんらかの精神疾患を患っている人とする。鬱やボーダーに限らず。) なんか上の記事を読んで思うところがあったのでコメントを残す。 彼氏目線、というか健常者側の目線を書きたい。 健常者がメンヘラと交際することの難しさは端的にい…

左利き禁止というマナー

昔、左利きは「ぎっちょ」と言われて差別されていた。 当時マナーという単語が普及していたかどうかは知らないが「箸は右手で持つべきだ」という規範は今でいうマナーだったんだと思う。 日本語のマナー感覚は「みっともない」「はしたない」という言葉で端…

「努力」が評価されてしまう日本の労働文化

定時内で一生懸命働いて成果を出すことがきちんと評価される日本社会になってほしいね。 日本の労働文化では、「成果がうまく出ていないときにせめて努力したことだけでも見せれば免責される」という傾向がある。わかりやすいのは「新人なんだからせめて誰よ…

性的にまなざされる身体

メルロ・ポンティが「見ることは触れることである」といった旨のことを確か言ってたんだけど、エロ絵の文法で描かれた女性キャラが公共の場でさらけ出されることの不快感ってたぶんそういうところから来ているよね。 男性の性的なまなざしによってデフォルメ…

戸塚ヨットスクール被害者の会がない

戸塚ヨットスクールの報道があるとだいたい炎上する。 当事者(戸塚ヨットスクールの卒業生)の話を読みたい。 戸塚ヨットスクールには僕は嫌悪感があるが、当事者はどう感じているのだろうか。もしかしたら被害者の会とかがあるかもしれないと思って軽く検索…

偽悪と偽善のあいだ

親鸞をヒントに「偽善-悪者-偽悪」の軸を導入して真ん中の悪者たれという記事。興味深かった。 しかし記事前半の「正義の味方になってしまっていないか気をつける」と後半「悪者たれ」がどう結びついているのかわからなかった。 正義の概念は難しい。という…

長時間労働撲滅の気持ち悪さ?

長時間労働撲滅の署名運動に対してこんな記事が。 要約すると、 すべての問題を長時間労働のせいにしているところが気持ち悪い 個人の自由な働き方を認めるべきである って感じだ。 別の労働問題にも原因があるなら自分で議論を作っていけばいい 電通の方の…

投稿テスト

本文。